あなたが通っている病院で治療しても治らない理由とは?

 

どうもいずみんです。

 

病院に行って薬もらっているけど効果があまりない・・・

症状が改善したか分からない・・・

 

など病院に通っているけど体調不良、が痛み、辛さが改善しない
ことはありませんか?

 

体調悪くなったらすぐ病院へ行くというのが
当たり前かもしれませんが、あなたの通っている病院では
治らない可能性があります。

 

それはなぜでしょうか?

それは多くの病院に言えることですが
病院で行っている診療は西洋医学です。

 

西洋医学とは検査を行い、科学的や客観的な

視点から悪いところを探し、薬を用いて治療します。

 

実際は診察もしますが採血の数値データを見たり、

CTやエコーなど画像で確認したりします。

その結果を元に薬を選ぶわけです。

 

ただ西洋医学は一言で言ってしまえば

対処療法です。

 

 

対処療法とは今ある症状を薬で抑え込む治療です。

 

「今出ている症状だけに対処する」

 

こういう治療です。

 

症状は一時的に割と早く取れますので
治ったかのように感じます。

 

例えば解熱剤。

本来人間は病原菌などが入ってくると
体温を上げて免疫力を活性化して
菌と戦います。

 

ですが解熱剤で強制的に体温を下げると
免疫力が落ちてしまいます。

 

熱が下がってすっきりしたように感じますが
それは風邪を長引かせたり、体が重い、だるいなど
違う症状になって現れたりします。

 

あなたが病院に行っても症状が改善しない
もしくは長引いて治りが悪いのであれば
1つ言えることがあります。

 

それは「体を根本的に治す必要がある」

 

つまり症状の引き金となっている大元の
原因を取り除いてあげる必要があるということです。

西洋医学でその場だけ、症状を取り去っても
元々の原因が解決されなければ
いつまでたっても症状が改善しません。

 

このサイトでは、そんな健康を害して困っているあなたに
薬を使わずとも、根本的な原因を取り除くための考え方や
具体的な方法をご紹介していきます。

 

 

もし西洋医学の薬を使って治そうというのであれば
このサイトはあなたに必要ではなく
病院で治した方が良いと思います。

 

 

ですが、あなたは病院で治すことに違和感や
このままでは治らないのでは?

 

と思っているのではないでしょうか?

 

病院で15年間働いてきて思うのですが
親身になって患者さんの話しを聞く先生もいますが
ほぼ聞かずに一瞬だけ診察してすぐ薬を出す先生も
たくさんいます。

 

そんな患者の声を聞かずに病気が治るとは
私は思いません。

 

薬は基本的に体にとって毒です。
症状だけ一時的に改善しても
飲み続ければ悪影響が出ます。

 

そんな薬を使わずとも
根本的な原因を除くことに力を注いで
みませんか?

 

そのお手伝いをさせてください。

 

ぜひあなたの辛い症状や辛い叫びを
私と一緒に改善していきましょう。

 

詳しくは他の記事をご覧ください。

 

↓↓

コンテンツ記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA