あなたが食べているものが体に毒だったとしたら!?

あなたは、

自分が食べているものに

どんな添加物やどんな成分が含まれているか

考えたことがありますか?

 

例えばコンビニのおにぎりやお弁当の裏

には原材料名が書いてありますが

じっくり見たことありますか?

 

いや忙しいし、いちいち見るの面倒くさい・・・

別に見たところで関係ないし・・・

 

と思うかもしれません。

 

しかし、

関係ない、よくわからない、といって

 

毎日コンビニで済ませたり

ファーストフードばかり食べたり

 

とにかく好きなものだけ食べて

腹を満たせばいいや・・・

 

と思っているならば、

それは「寿命をそぎ落としている行為」です。

 

人間の体は普段の「食生活」が後々の病気や

体調不良を引き起こすどうかの「カギ」

を握っています。

 

 

癌にしろ

脳梗塞にしろ

心筋梗塞にしろ

 

死因の3大疾患と呼ばれるものは

全て普段の食生活の「乱れ」

が蓄積された結果引き起こされるものです。

 

もう一度言います。

 

「毎日の食生活の乱れが

死に至る原因を作り出す」

 

のです。

 

この乱れる原因の大きな1つが

体に「必要のない成分」「害を及ぼす成分」

を取り続けているからです。

 

コンビニのお弁当や

スーパーで売っているお弁当には

やまのように「体に害を及ぼす成分」

が含まれています。

 

 

ヨーロッパでは禁止されている

成分も日本では普通に摂取されています。

 

日本は欧米に比べて非常に添加物の

法的基準が甘いのです。

 

みんな食べているから大丈夫・・・

日本だから大丈夫・・

 

それは間違いです。

 

 

ですが残念ながら今の日本では添加物など

「体に悪い成分」を

全て避けて暮らすことなど不可能です。

 

ですからどんな成分が体にいいのかを知り

自分で食べるものを「選択する」

必要があります。

 

 

昨日のことですが「医学不要論」など数々の本を出され

毎回講演会に数百名集まるほど全国的に有名な

「内海 聡」先生にお会いしてきました。

 

先生はそう言った体に悪い成分を「社会毒」

と称して、「普段の食生活を変えることの必要性」を

全国に広める活動をされています。

 

私も講演会を聞いたことがありますが

個性豊かで、言われることは至極まっとうです。

 

どのような成分が体に悪いのか?

実際どのような食べ物を食べればいいのか?

 

その具体的な話しを先生の著書でたくさん公開してあります。

まずはこの本を読んで先生の考え方に触れてみてください。

 

医学不要論

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA