経営者の健康を守る水とは?

 

前回、健康を維持するのに見落とされがちだけど

めちゃくちゃ大事なことについて触れました。

↓↓

起業家として健康を維持するために必要なこととは?

 

健康的に生きていくのに必要なことはたくさんありますが

その中でも意外に大事なのが「水」です。

 

水道水にはたくさんの体に「毒」な物質が含まれていますが

蛇口一体型のような簡易浄水器をつけても気休め程度しか除去されない・・・

 

ではどうするのか?

 

私の結論から言わせていただきますと

まず飲むべき水は「純水」であることです。

 

「純水」です。

 

純水とはすべての不純物を取り除き、有害物質はもちろんのこと

水に含まれているカリウム、マグネシウムとかのミネラルまで

ぜーーーんぶ取り除いてしまった水のことです。

 

例えば「いろ〇す」などのミネラルウォーターなどは

ミネラルが入っていますよね。

 

軟水とか硬水とか聞くと思いますが

ミネラルがどれくらい入っているかで決まる水です。

 

純水はピュアウォーターとも言われ

ミネラルすら入っていない水・・・

 

つまり本当にH2Oだけの水です。

 

今日は簡単にしか説明しませんが

水に入っているミネラルって地下や川を通って湧き出てくる

間に石や岩のミネラルが溶け出したものです。

 

ちょっと大げさに書きますが

あんな硬い岩を形作っている成分を

体に取り続けたらどうなると思いますか?

 

どんどん蓄積されたら体の中でも

固まります。石灰化が起こり、腎臓を

ダメにしてしまうんです。

 

うそだーー!

 

ってなると思いますが

体に入ってきたミネラルがちゃんと

体内で処理されて体外に出ていけば

問題ないんです。

 

そうですよね?

 

でも岩や石から染み出した水の中のミネラルは

粒子の大きさが大きいために体内で処理できずに

蓄積されていきやすいんです。

 

それが困る・・・

 

腎臓をダメにする・・・・

最悪透析・・・・

 

とかになります。

 

野菜に水をやると

野菜は水の中の粒子が大きいミネラルを

「小さい」大きさの有機ミネラルに変えます。

 

「粒子が小さい」と体の中で処理されて細胞に取り込まれ

ちゃんと処理されていきます。

 

つまり体にとって大事なミネラルは野菜からとれば

いいんです。

 

 

水の中に入っているミネラルは必ずしも

体にいいとは言えないんです。

 

だから飲むべき水は「純水」という

結論なんです。

 

そこで浄水器にしろ

ミネラルウォーターにしろ

いかに「純水」に近づけるか?

 

で決まると考えています。

 

水道水は純水からすると

ミネラルも不純物も毒も

混ざり、ほど遠い位置にあります。

 

まずは体にとって毒の不純物をいかに取り除くかに

なります。

 

1つめは

「浄水器の能力が高いものを選ぶ」

 

です。

 

蛇口一体化の浄水器ではなく

シンクの下に置いて

水道管直結の本格的な浄水器を

置くべきです。

 

日が経つごとに浄水能力が落ちますが

少し早めにフィルターを交換すると

いいです。

 

もし無添加の食べ物や有機野菜とか

お金をかけているんだったら

水の浄水にもぜひお金をかけてください。

 

というかかけるだけの価値があります「水」って。

 

 

2つ目は

「純水を買う」

 

例えばウォーターサーバーとか

聞きませんか?

 

大きめのボトルに水が入って

周期的に水が届き、水サーバーに

設置するあれです。

 

あれなら不純物が混じっていませんので

よりいいです。

 

会社によっては純水にミネラルを添加しているので

あれはいらないと思いますが

水道水を飲むよりはるかにいいです。

 

ただ浄水器設置より

お金が高くなります。

 

私の家につけていた浄水器は

メイスイのでしたが

年間15000円程度で

つまり1か月1000円ちょっとです。

 

ウォーターサーバーは月4000円前後かかりますので

お財布事情に合わせて選ぶのがいいと思います。

 

本当に水に対して意識が高い方はとっておきの

「水」をご紹介しますので

メール頂ければお教えします。

 

今日はこの辺で・・・

 

簡単に説明しましたので

今後もっと順を追って説明していきますね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA