技師はマンモグラフィとエコーどっちを選ぶ?

小林麻央さんの乳がん報道を受けて

検診受けなきゃとか乳がんというものが

身近に感じてきたのではないでしょうか?

 

検診を行うこと自体の議論もあるのですが

今日はマンモグラフィとエコーを検査していた

技師の立場から「検査」について少しでも

お役に立ちたいと思い書いていきます。

 

 

技師ならマンモグラフィとエコーどっちを受ける?

 

最初からぶっちゃけて言いますが、ちょっと気になって検査したいと

思った時は私ならまずは「エコー検査」をします。

 

だって痛くないですもん笑

 

と言うか検査侵襲度が低いからです。

 

検査侵襲度は検査することによるリスクやデメリットに近いです。

マンモグラフィのように乳房を痛みが出るほど圧迫するというのはやはり

患者さんには負担ですし、放射線による被曝もあります。

 

エコーに比べると検査侵襲度は高いです。

 

じゃあエコーだけすればいいのか?

ってことになりますがそう単純にもいきません。

 

マンモグラフィとエコーはそれぞれメリットがあります。

 

実際の医療現場での経験では

マンモグラフィで異常なしでも

エコーで腫瘍が見つかった例もあります。

しかしその逆もあります。

 

マンモグラフィは癌の存在を特徴的に示す

「石灰化」

というものが分かります。

 

特徴的な石灰化を見つけることができれば

癌だと診断するのに有用な判断材料になります。

 

でもエコーではその石灰化がわかりません。

 

一方でマンモグラフィは腫瘍自体の存在が

エコーに比べわかりにくいことがあります。

 

ですからマンモグラフィでは異常なしだったのに

エコーで指摘された・・・

ってことも少なからず起こり得るのです。

 

ですから本来ならば「両方検査する」というのが

互いのデメリットも補いながらより詳細な情報を

得ることができます。

 

ただマンモグラフィは検査することのデメリットも

あるわけですから、そこは一定の基準をお教えしときます。

 

乳がんは40代が一番多いです。

40代から急に増えますので、もしご自身が

 

①40代以上ならばマンモグラフィとエコーを両方する。

 

②30代であればエコーだけ。もしくは検診しない。

 

②20代は検査しなくて良い。

 

 

こういった基準で良いと思います。

 

結局、検診というのは検査することのリスクや

検査結果つまり診断が100%正しいとも限りません。

 

近藤 誠先生が言われるように経過観察でいいものを

手術してしまうリスクもあります。

 

それを踏まえても

「やっぱり検査しないと落ち着かなーーーい」

というのであればやりましょう。

 

ただ検診ということ自体に引っかかるのであれば

例え40代以上であっても検診しないことも選択の1つです。

 

検診して異常が出ても、

その結果本当かな?と疑い

治療も積極的にできないと思います。

 

では今日はこの辺で・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA