技師が正直告白!?乳がんの検査って痛いの?

先日、小林麻央さんの報道が話題になりました。

 

本当に小さいお子さんもいて胸が痛くなりますし

あんな若くして乳がんになるの!?

とあなたも驚きませんでしたか?

 

ですが私も病院で働いていると30代で癌になる方も

最近増えているなぁとひしひしと実感しますし

20代の患者さんもいます。

 

もはや若くても他人事ではない・・・

 

 

実際乳がんの放射線治療やマンモグラフィ、CT、MRIなど

各種検査を毎日のように行ってきたので医療側の立場から

少しでもお役に立てればと思いつくままに書いてみます。

 

 

<乳がん検査について>

乳がんの検査は主に触診、マンモグラフィ、エコーを行います。

 

まずは医師による触診、視診ですね。目で見て左右を比較しながら乳房の形に

異常がないかを確認します。その後マンモグラフィやエコーを行います。

 

それぞれの詳しい説明は他のサイトにお任せするとして

実際、たくさんの検査をしていて患者さんの感想や意見、

ぶっちゃけてどの検査がいいのか?などをお教えいたします。

 

 

マンモグラフィは痛いの?

これ気になるところだと思いますが、痛い人は結構痛いです。

いたーい!という声が撮影室の外にいても漏れてくるぐらいです。

 

わーこわー。怖くて検査できない・・・

 

と思うかもしれませんが逆にケロっとしていて

全然大丈夫だった!という患者さんも結構います。

 

つまりやってみないとわからないということですが

実は撮影する放射線技師のやり方にも影響します。

 

なぜでしょうか?

 

マンモグラフィの画像は乳房をできるだけ薄くして

均一にシワがないように撮影するほど良い画像となります。

 

つまりしっかり圧迫して薄くしたいんです技師は。

 

でも圧迫するほど、患者さんの痛みは強くなります。

 

そこのせめぎ合いってことです・・・

 

 

教科書的には「患者さんが耐えうる最大限の圧迫を行う」ことが基本です。

 

鬼のような技師だったら容赦なく圧迫してきます。笑

でも良い画像を撮るために必死なんです。

 

逆にちょっとひ弱な感じの技師だったら「いたーい」

と言われたら「じゃあもうこの辺で撮りましょう・・あわあわ」

 

となるわけです。

 

いたーい!というところからもう一歩圧迫するかがせめぎ合いとなります。

 

実は技師はどれくらいの強さで今圧迫しているのかを

数値で確認しながら撮影しています。

 

これぐらいの強さで圧迫しましょう。

という数値の目安があります。

 

 

その数値に達していないのに「もう限界」と言われた時は悩むわけです。

 

逆に数値に達しているのに患者さんが「まだ大丈夫です。」

って言われた時にじゃあどこまで圧迫しようかも難しいところです。

 

痛くないって言われてもかなり強く圧迫していますので

患者さんの負担を考えると「このへんで撮ろう」

となります。

 

ですから、マンモグラフィが痛いかは個人差もありますし、

撮影する技師による違いもあるということです。

 

 

ただ画像的にはできるだけ圧迫して、乳房を薄くしたほうが画像は綺麗で

より正確に診断ができることになります。

 

 

では次の記事で

技師だったらマンモグラフィとエコーどっちの検査がしたい?

 

から続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA