サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?続き③

だんだん暑くなってきましたね・・・

いずみんです。

 

今日で4回目となる

「サラリーマンや公務員を退職して起業する前にやるべき5つのこと」

シリーズですがもう今日で終わります笑

 

これまでの記事↓↓

サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?

サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?

 

サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?続き①

サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?続き①

 

サラリーマンを退職して起業する前にやるべき5つのこととは?続き②

http://www.helshare-b.com/taishoku3/

 

 

今日は最後の「ローン」について書いていきます。

 

例えばあなたは住宅ローンは組んでいますか?

 

  私は家を建てて3年目ですので

バリバリの借金王です笑

 

起業して収入が不安定なのに

よく住宅ローンなんか組んでられるよね?

 

的な声がヒシヒシと聞こえてきそうですが

色々意見はあると思います。

 

ただ住宅ローンは私としては

退職前に組みたかったというのがあります。

 

 

なぜでしょうか?

 

まず1つにクレジットカードのところでも

触れましたが、「信用」があります。

 

私は公務員でしたので、いわゆる社会的な「信用」

が十分ありました。

 

さらに医療職という資格職で

住宅ローンに限らず

様々な審査が簡単に通るんです。

 

ここに関しては「ほんとすごいな」と

思っていました。

 

ですが起業と同時に「信用」は総崩れです

 

起業したらたぶん5年ぐらいして売り上げも安定しないと

まともなローンは審査が通らないと思っていましたので

十分な信用があるうちにローンを組んでおきたかったという

のがあります。

 

ただ、小さい子供もいて早めに家を建てたくて、

早くローンを返し始めたいという適当な考えも正直ありました。はは

 

起業スタートは自宅を仕事場にすることも考えていましたので

十分な部屋の数を確保したいのと

賃貸で家賃を払い続けるという「捨てるお金」なら

ローンを返していこうという感じです。

 

賃貸にして家賃を経費にも一部できますが

3年前はそんなこと考えていませんでした。

 

というか3年前は

本当に自分が起業するとかあんまり

意識していませんでしたから・・・

 

決して起業前に住宅ローンを

組んだがいいとお勧めしているわけではありません。

 

絶対家を建てる考えがあるならば

そういう方向性もある!ぐらいでお願いします。

 

 

一方私が、起業する前にローンに関して

本気で考えていたのは、住宅ローンの「借り換え」です。

 

今はどんどん金利が下がっており、

2016年5月現在、マイナス金利が始まっていますので

最高に金利が安いんです。

 

ですから地方銀行からネットの住宅ローンに

借り換えを検討していました。

 

私は変動金利で地方銀行が0.975%

SBI住信ネット銀行の変動金利が0.56%でした。

 

3000万以上あったローンを仮に30年で返すとすると

余裕で100万以上、返済総額が安くなりました。

 

なので借り換えも検討しましたが

結果的には止めたんです。

 

借り換えをするのに80万ぐらいの事務手数料が必要でした。

 

もし30年以上長期間ずっと返し続けるのであれば

確かにメリットがあります。

 

ですが例えばどんどん繰り上げ返済をして

半分の15年で返済を完了するならば

話が変わってきます。

 

ローンを借りる期間が短いほど、支払う利子の額は当然減るため

結果として借り換え手数料80万を払う方が高くなる

ポイントが出てきます。

 

私は起業してたくさん稼いでとにかく早めに完済することを

考えていましたので、そんな長期間ローンを支払い続けることはない!

 

と簡単に思っていましたから

結果として借り換えは止めました。

 

結論から言わせていただくと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅ローンの借り換えは

ローン返済額が多く残っていて

長期間に渡り返す場合にメリットあり!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

です。

 

ただ細かい話はここでは分かりませんので

検討の際は、一度シュミレーションをがっつり

やってみたがいいです。

 

ネット銀行は色々ありますが

SBI住信ネット銀行か

新生銀行がよいと感じました。

 

7大疾病対策

保証料・繰り上げ返済無料

などメリットが多いです。

 

ただ新生銀行は事務手数料が5万とか

すごく安いんですが

半年経過後に金利が上げるシステムに

なっていますので気を付けてください。

 

住宅ローンをフラット35に変えることを

十分検討されてよいタイミングだと思います。

 

その他、教育ローンとか各種ローンも

検討されているなら、退職前が「信用」があって

審査が通りやすいというメリットはあります。

 

最後に・・・

 

起業後に知ってしまったんですが

地方銀行ならば、直接交渉で

金利を下げてくれるところは割と多いようです。

 

「違う銀行に借り換えを検討しているんだけど

あなたのところはこれ以上お安くならないですよね?」

 

といった感じで交渉できる余地があると

住宅ローンコンサルタントの方がおっしゃっていましたよ・・

 

ちなみに篠崎 ひろ美さんという方で私の知り合いです。

http://www.shinozaki-fp.jp/

 

以上ですが参考程度にお願いします・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA